手元の紙にはどんな印刷方法が使われているんだろう?

大きく分けて4つの種類

普段何気なく目にしている新聞や雑誌、小説やコミックなどがありますが、それぞれに適した印刷方法と言うものが存在します。大きく分けて4種類あり、平版印刷、凸版印刷、凹版印刷、孔版印刷となっています。これらの種類分けは使用する「版」によって変わり、現在、最も利用されているのが平版印刷で、独特な転写方法からオフセット印刷とも呼ばれています。新聞、カタログ、チラシ、ポスター等、大部数で美しい印刷を行うのに最適であり、紙の質も問わない優れた印刷技術です。

凸版と凹版の違いとは?

凸版印刷、凹版印刷と言われる物をご存知でしょうか。凸版の方は企業名として使われているので知っている方もいらっしゃるでしょうが、印刷方法としてご存知の方は少ないかと思われます。凸版とは単純に言ってしまえば判子のような物で、突出した部分にインクを塗布して転写します。反対に凹版印刷は窪み部分にインクを流し込み、転写を行います。どちらも圧着に強い力を必要とする為、紙に歪みなどが出てしまいます。凸版は週刊誌に、凹版は食品パッケージや部数の多いカラー雑誌によく利用されています。

別名はシルクスクリーン

孔版印刷は別名、シルクスクリーン印刷とも言われています。孔版印刷はメッシュ状の版の印刷したい部分にだけインクが通るように処理された物で、そこからインクを流し込みます。版に柔軟性があるので、曲面への印刷も可能ですが、精度が低く、また時間もかかる為、大部数やカラー雑誌などの印刷には向きません。主としては電子部品や金属への印刷の他、昨今では、1枚からオリジナルTシャツを作成してくれる業者などが利用しています。

封筒印刷は会社名やメッセージを効率的に相手に伝える手段として広く用いられていますが、見栄えを良くするためには封筒の形状や用紙の材質に合わせた方法で印刷することが大切です。